シミ・しわ・そばかす

そばかす対策に効果

フレキュレルに配合されいているウメユキノシタエキスが酸化によるそばかすも改善

フレキュレルはそばかすに悩む女性の 保湿美白クリーム!

シミとはそばかすはどう違うの?

はそばかすは雀卵斑といって多くは遺伝性なんです

シミは炎症やニキビ跡・・・

はそばかす対策

メラニン生成を抑制し排出する

体の内側からビタミンをしっかり摂る

美白化粧品は肌に優しい必要があります

フルキュレル

そばかす化粧品フルキュレルってどうして効くの?

メラニン排出

保湿成分5種類

ナノ化

植物由来成分配合

エイジングケア

刺激0

寝ている間に集中的にケア

★ 誰もが羨むぷるぷる肌に!コラーゲン産生量をアップするディセンシアアヤナス

セラミド化粧品お肌アンチエイジング敏感肌

赤ちゃんのようなぷるぷる肌は全女性の憧れですよね。

ぱーんと弾けたハリのある肌になりたくて、日々スキンケアに励んでいると言っても過言ではないと思います。

そんな誰もが羨む潤いもち肌になるために必要なものとして、真っ先に頭に思い浮かべるのはコラーゲン!

コラーゲンは美容成分としてとても有名で、代名詞と言っていい位のもの

なぜコラーゲンが美肌に必要不可欠な成分なのかというと、

肌本体である真皮はほぼコラーゲンで構築されているからです。

真皮の約70%はコラーゲンでできています。

すごい数値ですよね!

真皮の基盤となるコラーゲンには、ハリつやのある肌を作り出し、ターンオーバーを活性化させる働きがあります。

ターンオーバーが正常に行われていないと、古くなった角質など肌の無駄なものがどんどん蓄積されていくので、キメは乱れ、肌はゴワつき、メイクのりも悪くなります。

  透明感も感じられにくくなります。

いいことは1つもありません。

これらを防ぐためにも、いつでも十分なコラーゲン量をキープしていたいですよね。 しかし、現実問題としてコラーゲンは年齢と共に減少していきます。

年齢を重ねるごとに、肌にハリがなくなってしわ・たるみ・乾燥が気になってくるのはこのためです。

加齢に逆らうことはできませんが、いつまでも若々しくいたいというのが女性ですよね。

コラーゲンが年々減少していくなら、体内で作り出せるような環境を整えてあげればいいのです。

コラーゲンは人気で有名な成分のため、サプリメントや化粧品でいくらでも補うことができます。

しかし、どうせなら一時的な効果ではなく、長い目で見て肌が生き生きとしてくる土台作りをしたいと思いませんか?

減少しがちなゴラーゲンの産生量をアップさせて潤いハリ肌に導いてくれるのが「ディセンシア アヤナス」です。

ポーラ・オルビスグループに属するブランド、ディセンシアは、今メディアで高い注目を浴びているスキンケアブランドです。

通信販売が基本のブランドであるにも関わらず、ここまで人気になったのは確かな効果が得られるからだと思います。

ディセンシアの中でもこのアヤナスは、30代以上の方にぜひ使っていただきたい本格エイジングケアラインです。

先ほどお話させていただいたように、肌のコラーゲン量は年々減少していきます。

それに歯止めをかけるという意味でも、予防するという意味でもエイジングケアはとっても大切なものなんです。

アヤナスの中には、大切なコラーゲンを作り出す繊維芽細胞を増加させるビルベリー葉エキスが配合されています。

コラーゲンを外から与えるのではなく、コラーゲン自体を肌の中で作り出す環境を整えてあげることで、一時的ではない美肌効果を得ることができます。 加えて、肌のハリ・弾力をアップさせるCVアルギネートが配合されています。

CVアルギネートはポーラ研究所オリジナル成分で、コラーゲンの産生量をなんと170%までアップさせます。

すごいの一言ですよね!

こちらもビルベリー葉エキスと同様に、コラーゲンを自ら生み出す肌へと導いてくれます。

毎日のスキンケアでアヤナスを使うだけで、美肌になれる習慣を肌に身につけさせることができるのはいいですよね。

人に何歳位に見られるか、そしてそれが実年齢より上か下かどちらに見られるかということは、肌のハリ・つや・潤いで決まると言っていいと思います。

そしてこれらは肌のコラーゲン量が大きく関係しています。

いつまでも若々しく潤いで満ち溢れた美肌でいるために、肌自らがコラーゲンを作り出す力をつけることのできるディセンシアアヤナスをぜひ使ってみましょう

きっとあなたの理想とする赤ちゃんのようなぷるぷる肌に近づくことができますよ(^^♪

肌に必要不可欠な成分セラミドについて

セラミドは、人体の細胞膜に多く存在する脂質の一種です。

細胞膜におけるセラミドの重要な働きは、信号伝達物質として作用し、

細胞の分化や増殖、プログラム細胞死(多細胞生物における不要な細胞の計画的死)などの制御を行うことです。

まさに肌の新陳代謝にも大きく関わっている物質なのです。

セラミドは、スフィンゴイドと脂肪酸の成分を組み合わせたもので、その配列によって種類が分かれます。

セラミドは、肌の細胞においても多くの働きをし、種類によってその働きが異なります。

たとえば、水分保持力が高く皮膚をバリアすることで、外的刺激から守るもの。

細胞に一番多く存在し、もっとも高い保湿力があるもの。

うるおいを保つことで、肌の衰えやしわを防ぐもの。

肌の表層にある角質層を作り、バリア機能を維持するもの。

保湿をしながら、ターンオーバーを正常に管理するもの。

細胞の増殖と肌の常在菌のバランスをコントロールするもの、などです。

これらの多様な働きによって肌の健康が保たれます。

しかしながら、年をとるにつれて、細胞間にあるセラミドの量は減少し、

肌荒れやしみ、しわ、乾燥などの肌のトラブルを招いてしまうのです。

だからこそ、セラミド化粧品によって、外側からセラミドを補給することも必要になります。

化粧品から摂取できるセラミドは、主に3種類に分類できます。

まずは、「天然セラミド」です。

動植物の細胞に存在するものから抽出された、天然由来のセラミドです。

人体のセラミド構造が似ているので、皮膚に馴染みやすいのが特徴ですが、

天然のセラミドは抽出量が少なく、そうしたセラミド化粧品は価格が高くなってしまうのがネックです。

次は、「活性型セラミド」です。

人体のセラミドとまったく同じ構造をしており、

天然成分である酵母から作られたものなので、皮膚への刺激が少ないのが魅力です。

「天然セラミド」よりも価格が低いのも良い点です。

最後は、「疑似セラミド」です。

人がもつセラミドの構造に似せて科学的に合成した成分ではありますが、セラミドとは全く違う成分です。

上記の2つのセラミドは、成分表に「セラミド」と表記できますが、

一方で、この「疑似セラミド」は、「セチルPGヒドロキシエチルパルミタミド」や、

「N-(テトラデシロキシヒドキシプロピル)-N-ヒドロキシデカナミド」という物質名などでしか表記できません。

化粧品の成分表をしっかりとチェックしましょう。

その人の肌によって合うもの、合わないものがあるので、 セラミド化粧品を使う時は、必ずパッチテストを行うようにしましょう。

セラミドは、サプリメントで摂取するよりも、化粧品などで直接肌へ浸透させた方が効果的な成分です。

セラミドは表皮だけではなく、様々な細胞に存在します。

サプリメントで摂取してしまうと、必ずしも表皮のみに作用するわけではないのです。

効率的に肌の保湿や活性化を図りたい方は、セラミド化粧品を使いましょう。

肌になじませ、優しくプッシュするように塗り込むとより浸透率が良くなります。

セラミドを浸透させることで、肌の保湿力やバリア力を補い、

いつまでももちもち、ぷるぷるな若々しい肌を保つことができるのです。

是非、自分に合うセラミド化粧品を見つけて、美しい肌を手に入れましょう。

ページの先頭へ