敏感肌・乾燥肌にはコレ!

 

ディセンシア アヤナス
ちょっとした刺激で肌がピリピリする、
肌が乾燥してパサついていると感じた経験はありませんか?
大人女子の肌は、私たちが思っている以上にとってもデリケートです。
少しでも肌がいつもと違うと感じたら、その原因を解消するお手入れをする必要があります。
敏感肌と乾燥肌という言葉は美容用語として流通しており、耳にする機会の多いワードですが、
この2つがそもそもどんなものかご存知ですか?
敏感肌と乾燥肌はセットで取り上げられることが多いため、同じものだと思っている方も少なくないと思います。
それぞれどんな特徴を持っているのか見ていきましょう。

まず、敏感肌は角層が乱れた状態にある肌のことを言います。
日々蓄積されるストレスや体調、紫外線や花粉といった外的刺激によって角層のバリア機能が低下し、肌本来の機能を果たせなくなった状態になると、敏感肌であると言えます。
もしご自分が敏感肌かどうかわからないという方は、
以下の項目にいくつ当てはまるのかチェックしてみてくださいね。
・スキンケアを変えると肌がピリピリとしたり、赤みが出る
・季節の変わり目には肌調子に変化が起こる
・人間関係のストレスを感じやすい
・生理前は肌が荒れやすい

いくつ当てはまりましたか?
当てはまる項目が多いほど敏感肌に悩まされていると思うので、
今後いかにして敏感肌を克服していくかを考える必要があります。
次に乾燥肌を見ていきましょう。
乾燥肌は、皮脂分泌量が低下していたり、
潤った肌でいるために欠かすことのできない細胞間脂質が減少し、
角層の水分含有量が低下している状態のことを言います。
春夏に比べて、
秋冬の方が肌が乾燥すると感じる方は多いですが、
これは秋冬の方が外気が冷たく、
肌に刺激を与えやすいということと、
肌内部で血行不良が起こり、
皮脂分泌・水分保持がうまく行われないためです。

敏感肌に比べて乾燥肌の方が自覚症状があるかと思いますが、
こちらも敏感肌同様に以下の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみてくださいね。
・肌が粉をふいたかのような状態になっている
・肌にハリ・ツヤを感じない
・肌にかゆみがある
・日中メイク崩れしやすい

いくつ当てはまりましたか?
ちょうど今頃の時期から肌は乾燥しやすく、春夏にはなかったお悩みが出てくると思います。
肌が乾燥していると、それだけで怖~いしわの原因にもなるので、早めはやめに何とかしたいですよね。
敏感肌と乾燥肌は異なるものではありますが、切ってもきれないほど近しい関係にあります。
そしてこれらは、誰でもなりうるものです。
肌の不調を感じたら、また予防の意味も込めてあるスキンケアを使うことをおすすめします。
そのスキンケアとは「ディセンシア アヤナス」です。
ディセンシアはポーラ・オルビスグループが展開する、敏感肌・乾燥肌専用ブランドです。
もともと敏感肌・乾燥肌であるという方はもちろん、
季節やその時の状況によって引き起こされるときどき敏感肌にもバッチリ対応してくれます。
ディセンシアの中でも、このアヤナスというスキンケアラインは敏感肌・乾燥肌を守る特許技術を持ち合わせています。


その特許技術とは、「ヴァイタサイクルヴェール」です。
ヴァイタサイクルヴェールはディセンシアだけの特許技術で、
肌表面を薄いラップで包み込むようなイメージで、空気中に散乱しているほこり、花粉、乾燥などの外的刺激から肌を徹底ガードします。
ヴァイタサイクルヴェールのすごいところは、肌を刺激から守ってくれるだけでなく、潤いを肌内部に閉じ込めて外に逃がさないということです。
そのおかげで、秋冬の冷たい外気にも負けない、潤いで満ちたもちもち肌でいることができます。
使い続けることで、敏感肌・乾燥肌を克服することができ、もし何かしらの変化が起こったとしてもそれに動じない健やかな肌を目指すことができますよ。
肌がデリケートになりやすい今こそ、ディセンシア アヤナスのパワーを肌いっぱいに感じてみませんか?

敏感肌にもセラミドの美容効果と魅力について!

一口に保湿成分といってもいろいろな成分が存在します。

知名度が高いのがコラーゲン、ヒアルロン酸などですがこれらの成分は分子が大きいので実は皮膚の内部に浸透することが出来ないのです。

セラミドは皮膚表皮の最も上の層にある角質層に存在している保湿成分だからしっかりと肌に浸透することでセラミド配合している化粧水、美容液は保湿効果が高いと言えます。

実際にセラミドにはどのくらい保湿効果があるのかと言えば、実際に肌に塗ってから2時間から24時間程の保湿力が継続されると言えます。

時間に幅があるのは化粧品に使用されるセラミドの質や量によって異なるからです。

またセラミドの魅力は肌への刺激が少なく安全性が高い点です。

その理由はセラミドは肌の角質層に含まれている成分なので敏感肌の人でも使用しても問題はありません。

アトピー性皮膚炎の治療を行なっている臨床医もセラミドに注目していることから分かるようにセラミドはアトピー性皮膚炎の人でも使用出来る成分なのです。

肌にセラミドがしっかりと含まれていて角質層がきちんとしている状態なら砂漠みたいに湿度が低い環境であっても肌は水分を維持することが可能と言えます。

それほどセラミドは強い保湿力と安全性が高い成分なので保湿成分として非常に優れていると言うことができます。

セラミド配合の化粧品を選ぶポイントとしてまず知っておいて欲しい点はセラミドは水溶性ではないので化粧水には含まれていないということです。

だから乳液やオールインワン化粧品、美容液でセラミド配合の化粧品を探してみて下さい。

また選ぶ時の判断基準としてはヒト型セラミドが配合されているかどうか、セラミド以外の保湿成分も沢山含まれているか、肌への負担が少ない成分がどうかを確認して下さい。

セラミドは効果な成分となるのであまり安価な化粧品の場合は類似品もしくは少量しか配合されていないといってもいいでしょう。

だからセラミド配合の化粧品で効果が期待出来る商品は3000円以上の商品と言うことが出来ます。

いくら安価でも効果がなければ意味がないので品質がいい化粧品を選ぶようにして下さい。

ちなみに日常生活の中で皮膚のセラミドを減少させる行為としては洗顔の際にゴシゴシ擦る、長時間の入浴、ポテトチップやインスタントといったリノール酸を多く含む食品の過剰摂取を挙げることが出来ます。

生活習慣を見直して該当する人は改善するようにしましょう。