化粧品初!?ディセンシアアヤナスならストレスケアも叶う!


ディセンシア アヤナス
みなさんは、日々生活している中でストレスを感じるなぁ…と思う時はありますか?人間関係で感じることもあると思いますし、仕事や家事の忙しさに追われて心に余裕がなくなっている時にもストレスを感じますよね。ストレスを感じずに生きていければいいのですが、社会の一員として生きていく上でそれはとっても難しいですよね。
現代はストレス社会とも言われており、ストレスがあるのが当たり前という風潮さえあります(歓迎すべきことではありませんが…)。そんな現状の中で生きていると、女性にはある悩みが出てきます。そうです、肌荒れです。
30代~40代の女性にアンケートを実施したところ、95%もの人がストレスを感じると肌荒れが起こると答えています。驚きの数字ですよね!それだけストレスは女性の肌に影響を与えるものなんですよね。
現代は情報化社会で、ほぼ全ての人がパソコンとスマートフォンを持っています。少しでも時間があろうものならスマートフォンをいじり、仕事でも長時間パソコンを触っているという方は少なくないと思います。この生活が毎日続くとどうなると思いますか?私たちの知らないところで身体はストレスを受け、自律神経が乱れて血行不良が起こります。すると体内の巡りが鈍くなって体温が低下し、肌本来のバリア機能が低下します。

バリア機能が低下すると、ほこりや花粉などの外的刺激が肌に侵入しやすくなり、必然的に肌荒れが起こります。ストレスで肌荒れを起こしたことがある方はご存知かと思いますが、1度肌が荒れてしまうと、それをもとの健康的な肌に戻すまでに多くの時間を要します。下手したら数ヵ月単位になることもあります。常に美しい肌でいたい女性にとって、これは絶対に避けたいですよね。
しかし現実問題として、パソコンとスマートフォンを生活からなくすることはできますか?人と関わらずに生きていくことはできますか?答えは「NO」ですよね。そうなれば日々何かでストレスを解消していくしかありませんよね。理想は毎日スパやマッサージにでも行ければいいのですが、時間的にも金銭的にも現実的ではありませんよね。そこで注目していただきたいのがスキンケアです。スキンケアにもかかわらず、ストレスケアも兼ね揃えたものがあるんです。それは「ディセンシアアヤナス」です。
ディセンシアアヤナスは化粧品で唯一ストレスケアを可能としたスキンケアです。2016年秋にリニューアルがかかり、この処方になっています。毎日必ず行わなければならないスキンケアでストレスケアができるなんて、画期的ですよね!
アヤナスがなぜストレスケアも叶えるのかというと、ディセンシアオリジナル複合成分である「ストレスバリアコンプレックス」が配合されているためです。このストレスバリアコンプレックスは、健やかで美しい角層を形成するパルマリン、血行を促進させるジンセンX、GABAの生成を促進させるビルベリー葉エキスの3つから作られています。順番に見ていきましょう。
パルマリンは保湿力と抗酸化作用が高く、エイジングケアにも一役買ってくれます。ディセンシアを展開するポーラが初めて、健康的な角層を形成するもととなるタクトジャンクションの働きを強化しするということを解明しました。ちょっとやそっとのことでは動じない、健やかな角層を作り出します。
ジンセンXは血流がスムーズになるように促すとともに、細くなった血管を拡張する働きを持っています。血行が促進されるため、皮膚の温度が上昇してストレス状態にある肌の緊張・こわばりを解きほぐします。
ビルベリー葉エキスはリラックス効果があると知られるGABA(チョコレートに配合していたりしますよね)を真皮内で増やす酵素を産生します。体内だけでなく、肌にもGABAの効果・効能を与えてあげることで、ストレスの影響を受けにくい肌を目指すことができます。
ストレスは避けて通ることのできないものですが、毎日のスキンケアでディセンシアアヤナスを取り入れることで肌荒れを防止し、今までよりももっと美しい肌になることができます。毎日を忙しく頑張る全ての大人女子にぜひ使っていただきたいスキンケアラインです。