ニキビの悩みにはビタミンC誘導体入り化粧品
肌の大敵となるニキビ、一旦できてしまうととても厄介でなかなか消えませんよね。

ニキビはできてから長引くと、敏感肌になってしまったり、炎症を起こしやすくなりますので、早期改善が求められます。
その厄介なニキビを治す方法として、もともとビタミンCが注目されていました。

ビタミンCはニキビを治すと同時に、抗炎症作用や皮脂分泌抑制作用があることから、毛穴が引き締まって、ニキビの原因の皮脂分泌による毛穴の詰まりも解消する言われていました。

しかし、ビタミンCを取り入れると、デメリットの部分も認知されるようになりました。

その特性としてビタミンCは水溶性が高くて肌に浸透しづらいのです。

安定性がなく、ほとんどが酸化されてしまうので、化粧水の瓶の中の段階で既に品質が保てないということがあったのです。

ビタミンCを肌に塗っても肌のバリア機能によって角膜の段階で浸透を妨げられてしまい、肌に吸収されないのです。

そこでビタミンCの持つ抗炎症作用や皮脂分泌抑制作用という性質を活かして肌に浸透しやすいように改良されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体はビタミンCの不安定で肌への浸透がしにくいという問題を解決しました。

肌の角膜によるバリア機能にも負けず、肌の奥まで吸収され、その後はビタミンCとして変化して浸透します。

これによってメラニン色素の活性化を抑え、ニキビと同じように肌の悩みとして挙げられるシミやソバカスを消し去ることができます。

メラニン色素の生成を抑えることで肌には美白効果が表れるほか、コラーゲンも増えて潤いたっぷりなお肌のハリが生まれるようになります。

女性が求める潤い肌と美白が一挙に手に入る、そんなことがビタミンC誘導体で実現できるのです。

ビタミンC誘導体日々の洗顔後の化粧水をつける前に、肌へ馴染ませると効果的です。

ストレスですぐにニキビ

少しのストレスですぐにニキビができちゃう体質のニキビ対策!

若いころから肌のトラブルは非常に多く、納得のいく肌の状態であったことは一度もありません。
思春期のころには、もちろん、顔中ニキビができて、辛かったです。顔だけでなく、背中や肩といった
身体にも赤くてうみを持ったニキビが沢山できました。ぷちっとそれをつぶすと血と一緒にうみが出て
きました。なんとなく触ってしまい、結局はつぶしてしまって、痕が残るということを繰り返しました。

大人になって、その頃のような年中ニキビということはなくなりましたが、それでも少しでもストレスを
感じるとすぐにニキビが出てしまいます。口の周りとおでこ、こめかみが特に多いです。いったん、
できるとなかなか治らないのも大人になってからのニキビの悩みです。若いころのように新陳代謝が
よくないせいか、痕も黒ずんでしまいます。

メイクをしてもファンデーションが汚らしく見えてしまい、余計にニキビを目立たせてしまいます。
そういう時は思い切って、下地だけを塗って外出しようかとも思いますが、それはそれでだらしない
気もして、結局はファンデーションを厚塗りしてしまいます。

そんな時、薬局でオードムーゲを勧められました。低刺激の化粧水で赤ちゃんにも使えるということで
まずはサンプルをもらって使い始めました。コットンにたっぷりのオードムーゲをしみこませて、ニキビ
の部分をそっと拭き取るのです。するとかなりさっぱりとした仕上がりで、痛みもなく、なかなかよかった
ので、大きなボトルを一本買ってみました。

値段も安く、沢山使ってもあまり気にならないので、コットンにたっぷりととって、そっと拭き取ります。
このそっと、というのが大切でごしごしとこすってしまうとだめだそうです。私にはこのオードムーゲが
合っていたようでニキビになりづらくなったような気がします。

どこの薬局でも割と売っている商品なので買うのも簡単です。しばらくはこのオードムーゲを使い続けようと
思います。